毎日残業があるのは絶対おかしい!残業から解放される3つの方法

毎日残業があるのは絶対おかしい!残業から解放される3つの方法

毎日の残業から解放されるためにするべきこととは?

 

こんにちは、IKEです!

毎日毎日残業をしていると疲れてしまいますよね。

僕も前職では毎日3時間残業をさせられていたので、残業ばかりの生活がツライことはよくわかります。

 

でも職場の人や周りの知り合いは当たり前のように毎日残業をこなしていたりするんですよね。

まるで自分だけが残業についていけてないかのように感じてしまうかと思います。

毎日残業なんて別に普通なことで、それくらいで音を上げてしまう自分が情けないだけなのかと思うこともあるでしょう。

 

でも毎日残業があるのはおかしいことだと断言できます。

あなたが残業でツライと感じているのはいたって普通なことです。

 

そこで今回は毎日残業があるのはおかしい理由と、残業から解放されるにはどうすれば良いのか詳しくお話していきたいと思います。

 

毎日残業があるのはおかしい理由

本来仕事は定時までに終わるもの

そもそも仕事というものは基本的に定時までに終わらせるようにしなくてはいけません。

なぜなら原則的に定時は8時間で、1週間に40時間以上の労働はしてはいけないと労働基準法で決められているからです。

そのため残業をするときというのは、繁忙期などどうしても定時内で仕事が終わらないようなときに仕方なくするのが正しい働き方となります。

 

だから基本的には会社は社員にあまり残業をさせないような仕事の割り振りをするものなんですよね。

毎日残業をしなきゃいけないということは、会社側が定時内で終わらないくらい仕事を社員に押しつけている証拠になります。

これが定時で終わらないような仕事を当たり前のように毎日やらせるのはおかしいことだと言える理由です。

過重労働は違法

先ほど1日8時間、1週間に40時間を超えてはいけないという話をしましたよね。

厳密に言えば、時間外労働というものは年間で720時間以内までしか認められていません。

年間720時間以上残業をさせないために1日8時間、1週間に40時間を超えないようにしているというわけです。

 

過重労働についてはもう少し細かく決められているんですけど、ざっくり言ってしまうと毎日残業をしていたら年間で720時間以上も残業をすることになってしまいます。

だから毎日残業をする会社っていうのは違法を当たり前のように行うブラック企業ということになるんですよ。

 

古い考えのバカな人だと、

「昔はもっと残業があったのに今の若者はちょっと残業をしただけで音を上げて情けない」

みたいなことを言いますけど、昔は昔、今は今なんです。

今過重労働は違法なんですから、違法である過重労働に対しておかしいと思うのはなにも間違っていません。

毎日残業すると損をする

残業を毎日するのは単純につらいというだけでなく損をすることになります。

具体的にどのような損をするのかと言うと以下のようなことです。

心身共に疲弊することになる

毎日残業をするのはつらいですよね。

体力的にきついのはもちろんのことですけど、ストレスによって精神的にもきつい想いをすることになります。

 

ストレスを溜め続けていてはうつ病などの病になってしまうリスクもあるでしょう。

毎日残業をしていたら体力と精神をすり減らし続けてしまうことになるんです。

自分の時間が無くなる

毎日残業をしていたら自分の時間も無くなってしまいます。

正社員となると定時でも1日8時間も拘束されることになるのに、そこに残業が加わるとさらに時間が奪われることになりますよね。

 

自分の時間が無いと仕事の疲れを取ることもできませんし、趣味をしたり友達と遊ぶこともできなくなってしまいます。

遊ぶ時間も無いのでは仕事のストレスを発散することもできません。

 

人生の大半を無駄に仕事に奪われることになります。

仕事より自分の時間が大事な人は毎日残業するのは損なことだと言えるでしょう。

毎日残業するメリットは無い

以上のことから毎日残業をするのはおかしなことですし、デメリットばかりです。

しかも別にメリットなんてものも特にありません。

つまり毎日残業をするのはただただつらいだけだと言うことです。

 

強いて得られるものがあるとすれば残業代くらいですね。

でも自分の時間や心身的なつらさを考えると残業代なんかは釣り合っていないものだと思います。

もしも残業代が残業のつらさに釣り合っているのであれば、毎日の残業に悩むことも無いでしょうしね。

 

とにかく残業代で稼ぎたいと言うのであれば話は別ですが、ほとんどの人はそうではないと思います。

だから残業から解放されるために対処しましょう。

 

残業から解放されるには

毎日残業をするのは絶対におかしいことですが、会社側が残業を減らすってことはよっぽどのことがない限りはありません。

自殺者が出てニュースになるくらいの大事にならない限りは改善されることはほとんど無いでしょう。

 

だから残業がツライとグチグチ言ったところで残業の苦しみから逃れることなんてできません。

そこでこれから残業の苦しみから解放される具体的な方法についてご紹介していきたいと思います。

退職する

毎日残業するのが嫌ならまずは退職しましょう。

続けるだけ時間と体力の無駄でしかないので、できるだけ早く辞めてしまった方が良いです。

 

先ほども少しお話しましたけど、会社の残業を減らすなんてことは個人では到底できません。

もしブラック企業を個人でなんとかできるなら自殺者なんてでませんからね。

だから残業から逃れたいのであれば退職する以外に無いんです。

 

そもそも毎日残業するようなブラック企業に残るメリットなんてありません。

退職する方が遥かにメリットがあるので、退職する意思を固めてしまいましょう。

簡単に退職できそうにないなら退職代行サービスを利用してみても良いかもしれません。

確実に退職できる退職代行サービスはこちら!!

↓ ↓ ↓

会社や上司へ連絡不要!【退職代行ガーディアン】

転職する

退職したのなら次にすることは転職活動です。

残業のほとんど無い企業を探して転職してしまいましょう。

 

一切残業が無い会社となるとかなり珍しいので簡単には見つからないでしょうけど、残業が少ない会社っていうのは意外と多くあります。

月の残業が10時間程度で済む会社ならそんなに珍しくありません。

そもそも今勤めている会社が毎日残業をするようなブラック企業なわけですから、それ以下の会社なんていうのはなかなか無いでしょう。

 

しっかり調べて転職をすればブラック企業に就職してしまう確率は減らすことができます。

転職サイトを活用して、残業時間が少ない会社に転職してしまいましょう。

内定率83%以上、就職後の定着率93%以上!!

ブラック企業を排除した転職サイトへの無料登録はこちらをクリック!!

↓ ↓ ↓

既卒・フリーターでも内定率80%超え!【ウズキャリ既卒】

フリーランスになる

残業なんてもう一切したくないって人もいるかと思います。

でもさっきも言ったとおり残業が全く無い会社というのはほとんどありません。

 

だからそんな残業をしたくないって人はフリーランスになるのをオススメします。

フリーランスになれば残業なんてありませんからね。

自分の好きな時間働けるので、長時間労働に苦しむことがなくなります。

僕も残業が嫌過ぎて今は個人で稼いでいるんですけど、働きたいときにだけ働くのって最高ですよ。

 

フリーランスというと夢のような話な気がしますけど、実はそんなことありません。

知識や能力がなくても個人で稼ぐのは意外と簡単にできてしまいます。

実際僕も何の取り柄もない人間ですけど、自分でお金を稼いで生活することができていますね。

 

もちろん大金を稼ぐとなるとかなり努力する必要がありますけど、普通に生活するくらいなら誰でもできるものです。

スキルなしでも稼げる方法については別の記事にまとめているので良かったら参考にしてみてください。

 

まとめ:毎日残業がある会社はおかしいから辞めよう!

当たり前のように毎日残業をする会社っていうのはどう考えてもおかしいです。

続けたところで時間と体力を無駄にするだけなので、早めに退職してしまいましょう。

転職なりフリーランスになるなりすれば残業の苦しみから解放されるので、残業がツライのであれば行動してみてください。

 

仕事カテゴリの最新記事