「過労死は甘え」と言っちゃうやべえ国が日本。限界を感じたら?

「過労死は甘え」と言っちゃうやべえ国が日本。限界を感じたら?

過労死が甘え…?

 

こんにちは、IKEです!

悲しいことに過労死のニュースってそんなに珍しい話ではありませんよね。

働き過ぎたのが原因で自殺したり、体を壊して亡くなってしまう人というのは毎年何人も出てきます。

 

そんな過労死をするのは甘えだと言う人が日本にはいるようです。

いやびっくりしましたけどいるんですよねそういう血も涙も無い人って。

普通に考えて過労死が甘えなんてことはありえません。

 

もしも今働き過ぎて限界の方は今回のお話に目を通していただけたらと思います。

 

過労死が甘えなわけがない

近年の過労死で有名な話というと、やはり電通の事件ではないでしょうか?

電通で働き過ぎて限界を迎えた方が自殺されてしまった悲しい事件です。

 

これに関して過労死は甘えだという意見を唱えた人がいるそうです。

その話を聞いたときは

「は?」

と思いましたね。

過労死が甘えなわけ無いでしょうが。

 

だって普通に生きていたら自殺なんてしようと思いませんよね。

自殺するほど追い込むような会社がおかしいと思いませんか?

正常な判断を保てないくらい追い込まれているのに、過労死が甘えなんてそんなわけがありません。

 

しかも過労死は甘えとか言うバカたちはそれを大真面目に言っています。

そんな意見が普通にあるやべえ国が日本です。

 

もちろん海外でも労働環境が酷いところなんてあるでしょう。

なので一概に日本だけやばいなんてことはありませんが、それでも世界の中では異常な労働環境であることは間違いありません。

異常な労働環境故に過労死は甘えなんて意味不明な意見が出てくるんです。

 

ちなみにですけど、過労死という言葉は英語で「karoshi」だそうです。

これがどういうことかわかるでしょうか?

つまり過労死は日本で生まれた言葉だということなんです。

このことからも日本は労働環境がやべえ国だってことがわかるのではないでしょうか。

 

甘えているのは会社

僕からしたら甘えているのは過労死を出す会社だと思います。

だって社員を死ぬまでこき使わないと回らないような経営をしているんですよ?

 

まともな企業であれば社員一人一人の負担を少しでも減らすように努めているはずです。

そんなギリギリの経営しかできないような会社の方が甘えていると言えないでしょうか?

 

仕事が限界と感じたら?

早めに対策をする

限界を感じてきたら一刻も早く何かしら対策をするようにしましょう。

我慢しても最終的には過労死なんてことになりかねません。

過労死でなくともうつ病なんかになってしまう恐れがあります。

 

そんな限界になるまで働かされる会社でがんばるのは無駄なことなのでやめておきましょう。

仮にがんばったところで報われることなんてありません。

ただただ体を壊してしまうだけです。

 

むしろがんばり続けると、

「こいつすごい働くからどんどん仕事を押し付けよう」

とさらにこきつかわれることになります。

がんばった結果良いことが起こるどころかどんどん状況が悪化していくでしょう。

信用できる人に相談する

人によっては限界を迎えたとしても自分で判断がつかなくなってしまうことがあります。

なので、少しでも辛いと感じたら自分が信用できる人に相談をするようにしましょう。

 

家族だったり友達だったりと信用できる人がいるはずです。

そういう人たちに相談をすることで良いアドバイスがもらえたりすることがあります。

また、気持ちも少しは楽になるものです。

 

相談しているうちにどうすれば良いのかわかることもあります。

このように多少愚痴のようになっても受け止めてくれる人に相談してみた方が良い方向に進んでいくでしょう。

転職する

自殺を考えてしまうほど限界を迎えてしまうような会社はろくな会社じゃありません。

なので転職を視野に入れてみましょう。

 

世の中クソみたいな会社がまだまだたくさんありますが、まともな会社もあります。

少なくとも今よりはマシな会社は腐るほどあるんです。

 

転職しようとしたら裏切り者だなんだと言われるかもしれませんが、そんなの気にしなくて良いです。

そういう奴らはただただ人をこき使って楽をしたいクソ野郎なだけですからね。

 

もし退職させてくれないレベルのクソ会社であるなら、退職代行サービスを利用するのをオススメします。

例えば退職代行ガーディアンというサービスを利用すればどんな会社でも絶対に退職することができるんです。

詳しいことは別の記事にまとめたので、退職できずに困っている人は参考にしてみてください。

独立する

転職以外にも独立する手だってあります。

独立というと確かに転職と比べると難易度が高いことですが、不可能ではありません。

 

フリーランスとして活動できるようになれば人間関係に悩まされることも無ければ、仕事の量も自分で決められます。

大変かもしれませんが、全部自分でコントロールできるので過労死するようなことはまずありません。

 

独立するためには稼ぐためのスキルが必要になるわけですけど、勉強する時間なんて無いって人もいるでしょう。

そんな人にはオンラインスクールでの学習をオススメします。

フリーの身であれば会社に束縛されず、思うがまま自由に稼げるので独立を検討してみてはいかがでしょうか?

一度ニートになってみる

仕事で限界を迎えたなら一度ニートになってみるのも良いでしょう。

僕も今ニートみたいなものなんでわかるんですけど、ニートってめちゃくちゃ快適ですよ。

ストレスが溜まるようなことなんて一切ありません。

 

もちろんニートになったら収入が無くなるのである程度貯金をしておく必要がありますが、貯金があるんだったらニートになってみてはいかがでしょうか?

これまでがんばってきたんですし、何カ月かニートを堪能してみても良いと思います。

それに数カ月ニートになったところで再就職にはたいして影響ありませんしね。

人生長いんですし、少しくらい休息期間を取ったって罰は当たりませんよ。

 

まとめ

日本では過労死は甘えとか言う奴が一部いるやべえ国です。

ですが、過労死が甘えなんてことは絶対にありえません。

もしも仕事が限界だと感じたら、過労死してしまう前に対策をするようにしましょう。

 

仕事カテゴリの最新記事