仕事が決まらない原因と内定をもらう確率を上げる5つの方法

仕事が決まらない原因と内定をもらう確率を上げる5つの方法

仕事が決まらないと困っている人必見です!

 

こんにちは、IKEです!

新卒や転職活動中の人など、なかなか内定がもらえず仕事が決まらないとお困りの人はたくさんいるかと思います。

仕事が決まらない日々が続くとこのまま内定がもらえないんじゃないかと不安になりますよね。

 

仕事が決まらないと悩み続けるのはもうこりごりかと思います。

できることなら今すぐにでも仕事を決めたいですよね。

 

それならば仕事が決まらない原因を良く知り、悪いところを改善していきましょう。

原因を知るだけでも内定がもらえる確率が少しは上がります。

 

これから内定がもらえない原因や内定をもらう確率を上げる方法などを詳しく解説していきますので最後までお付き合いいただけたらと思います。

 

仕事が決まらない原因

なかなか仕事が決まらないのには原因がある場合があります。

なぜ仕事が決まらないのか原因を把握しておくことで改善できるでしょう。

企業研究がしっかりできていない

選考を受ける際には履歴書や面接で志望動機を話さなければいけませんよね。

このとき企業研究をしっかりしているかしていないかが大きな差になります。

 

会社や業界についてしっかりと研究している人の方がやる気を感じられますよね。

逆に何も企業研究をしていない人は会社からしたらやる気を感じられないので採用されにくくなるというわけです。

面接練習をしていない

選考では必ずと言って良いほど面接をすることになります。

多くの会社で面接は1回だけではなく何度も行うものです。

 

その面接では誰しもが緊張するものですよね。

特になかなか仕事が決まらないときってこれ以上失敗できないと余計緊張してしまうものです。

緊張し過ぎてしまい、上手く受け応えできなくなるのが原因で内定がもらえないということがあります。

 

面接練習さえしっかりしていればあまり緊張せず伝えたいことをハキハキ喋れているはずです。

だから面接が上手くいっていないだろうなと感じている人は面接練習が足りていないのでしょう。

理想が高すぎる

大企業や職場環境が良い会社に就職したいという気持ちは良くわかります。

ですが、それはみんな同じ考えなので良い会社というのはそれだけで選考を受ける人が多くなるものです。

つまりそれだけ倍率が高くなってしまいます。

 

倍率が高い企業となると企業研究をしっかりしたり面接で上手く受け応えすることはもちろん、学歴や資格など様々なことを問われることになるでしょう。

選考を受ける人が多いということはその中でも企業のお眼鏡にかなうような人物であることをアピールする必要があります。

言い方が悪くなりますが、選考を受けている企業の多くが自分の身の丈に合ってない大企業の場合はなかなか内定がもらえなくても仕方ありません。

運が悪い

企業研究もしっかりした、面接の受け応えもばっちり、受ける企業も身の丈に合っているものばかりにしている。

それなのになかなか仕事が決まらないって人もいるかと思います。

 

どうしても原因が見当たらないのに内定がもらえないとなるとそれは単純に運が悪いだけかもしれません。

ぶっちゃけこれを言ってしまうと元も子も無いですけど、内定がもらえるかどうかって運要素が強いことなんです。

 

だって絶対に内定をもらう方法なんてありませんからね。

悪い点を改善していけば内定がもらえる確率は上がるでしょうけど、100%にすることはできません。

仕事が決まるかどうかには運が関わってくるということは理解しておきましょう。

 

内定をもらえる確率を上げる方法

とにかく選考を受ける

下手な鉄砲数撃てば当たるってことわざがありますけどまさしくその通りで、選考を受ける数を増やせばそれだけ仕事が決まる確率が上がります。

1社に絞って選考を受けるのではなく、同時進行でいくつかの会社を受けるようにしましょう。

 

ただし無理してたくさん受け過ぎないようにしてください。

あまりたくさん受け過ぎると体力的につらいのもありますし、企業研究なども疎かになりがちになってしまうからです。

だから無理の無い範囲で選考を受けるようにしましょう。

自分の身の丈に合った会社を受ける

大手企業に就職したいと考えていてもなかなか仕事が決まらないのであれば自分の身の丈に合っていないのでしょう。

だから中小企業の選考を受けてみてはいかがでしょうか?

 

けっこう勘違いしている人が多いですけど、大手なら必ず良いというわけではありません。

中小企業にも良い会社ってたくさんあります。

視野を広げて色々な会社を受けるようにしましょう。

資格やスキルを取得する

資格や何らかのスキルを持っていればそれだけ就職活動で有利になります。

やっぱり何もできない人よりは何かできる人の方が企業としても欲しいわけですからね。

就職活動の役に立つ資格やスキルを持っていないのであれば取得できるように勉強をしましょう。

月額たったの980円で様々な資格学習を利用し放題!!

スマホやパソコンでいつでもどこでもできるオンラインの資格学習サービスはこちら!!

↓ ↓ ↓

 >>月額定額サービス【ウケホーダイ】<<

仕事が決まらなくても落ち込まない

内定がなかなかもらえないと焦りや自分だけ内定がもらえない無能なんじゃいかと落ち込んでしまうことがあるかもしれません。

でも全然そんなことは無いので落ち込まないようにしましょう。

落ち込んでしまうとそれだけで面接で上手く喋れなくなってしまったりと良いことが無いからです。

また、就職活動へのモチベーションも下がってきてしまいます。

 

だからなかなか仕事が決まらなくても、運が悪かっただけだと開き直ってしまいましょう。

先ほども言ったとおり内定をもらう方法なんて確実にありません。

悪い点をしっかり改善しているのであればあとは運なので、就職活動をがんばっているのであればなかなか仕事が決まらなくても運が悪いだけだと考え落ち込まないようにしてください。

就職活動の支援を受ける

世の中には就職活動を手助けしてくれるサービスがいくつもあるのをご存知ですか?

例えば人事経験者が面接練習をコーチしてくれるサービスなどがあります。

主観だと何が悪いのかなかなかわからないものですけど、客観的にプロが自分の何が良くないのか、そしてどうすれば良いのか指導をしてもらうことで内定をもらう確率を上げることができるというわけです。

 

自分1人で就職活動を進めるのは不安だという人は積極的にそういった就職活動を手助けしてくれるサービスを利用するのをオススメします。

いくつか就職活動の役に立つサービスをご紹介するので、無料で利用できるものもあるので良かったらチェックだけでもしてみてください。

 

・キャリチャン

新卒専門の就職支援サービス。

自分が希望している会社に合わせた面接トレーニングをしてくれ、内定率はなんと86%以上。

>>学生就職支援プロジェクト【キャリチャン】

・DYM就職

第二新卒や既卒はもちろん、フリーターやニートにも向いている求人を紹介。

キャリアアドバイザーが無料で個別相談をしてくれ、最短1週間で希望の会社に入社が可能。

>>第二新卒・既卒・フリーターでも正社員に!DYM就職

まとめ

仕事がなかなか決まらないのには原因があります。

原因がわからないままに就職活動を続けていたらいつまで経っても内定がもらえない可能性があります。

なぜ仕事が決まらないのか原因を理解し、改善できるように対策していきましょう。

就活カテゴリの最新記事