就職活動が怖いと感じる人必見!恐怖を克服する方法!

就職活動が怖いと感じる人必見!恐怖を克服する方法!

就職活動って怖いですよねぇ…。

 

こんにちは、IKEです!

就職活動の時期が近づいてくるとだんだんと不安になってくる学生は数多くいると思います。

実際僕自身も学生のころ初めての就職活動には怖さを感じていました。

 

でも怖いからと言っても就職活動をしないわけにもいきませんよね。

基本的に生きていくなら就職をする必要があるわけですから、怖いからと言って就職活動をやらないわけにもいきません。

内定をもらうためにも怖さを克服する必要があります。

 

そこで今回は就職活動が怖いと感じる人に克服方法をご紹介していきたいと思います。

 

就職活動が怖いと感じる人は多い

就職活動が怖いと感じている人はまず安心して欲しいが、就職活動が怖いと感じることは珍しいことないというこです。

学生の大半が就職活動に不安を感じています。

 

就職活動なんて生まれて初めてすることですし、人生を大きく左右することなので怖いと感じるのはおかしいことではありません。

特に面接は一問一答油断ならないので怖いと感じるのは当然です。

ちょっとしたミスで内定を逃してしまうと考えたら恐怖を感じてしまいますよね。

なので今就職活動が怖いと思っている人は、怖いと思うのは全然普通なことなので自分だけビビっているわけじゃないと安心していただけたらと思います。

 

怖さを克服しないと就職活動で不利

怖いと感じたまま就職活動をするのはオススメしません。

なぜなら恐怖を克服しないまま就職活動をするのは内定を取るのに不利になるからです。

 

どういうことかと言うと、就職活動を怖いと感じたままだと自身のコンディションも悪くなってしまいます。

例えば面接でも怖さを感じたままでは思うように受け応えできませんよね。

緊張と怖さが合わさって焦ってしまい面接で失敗することになりかねません。。

 

つまり怖いと感じたままでは就職活動でベストな結果を残すことができなくなってしまうということです。

結果は残せないよりは残せた方が内定をもらえる確率が上がります。

 

だからこそ就職活動では怖さを克服する必要があるんです。

怖いと感じてしまうのは仕方ないことですけど、だからと言って怖いままでは内定を逃してしまうことになりかねません。

内定を取るためにも就職活動に対する恐怖はこれから紹介する方法で克服するようにしましょう。

 

就職活動の怖さの克服方法

内定がもらえるかは運

就職活動の何が怖いって内定がもらえるかどうかわからないことだと思います。

友達はすぐに内定がもらえたのに自分はまだ内定が無いって状況はすごい不安になるでしょう。

内定がもらえないなんてまるで自分が無能なのではないかと感じてしまう人も中にはいるかと思います。

さらにいつになったら内定がもらえるのか、もしかしたらこのまま内定がもらえないままなのかと考えてしまいそれが怖さに繋がってしまうんです。

 

そんな内定がもらえなかったらどうしようと悩んでいる人に伝えたいことがあります。

はっきり言ってしまうと内定がもらえるかどうかなんていうのはほとんど運です。

内定がもらえたら運が良かった、逆に内定がもらえなかったら運が悪かったとただそれだけの話なんですよ。

 

なんでそんなことが言えるのかと言うと、確実に内定をもらう方法なんていうのは無いからです。

もちろん面接練習をがんばったり、企業研究を徹底すれば内定を取れる確率は少しは上がるでしょう。

それでも内定を100%もらえるようにはなるわけではありませんよね。

絶対の方法が無いからこそ運要素が絡んでいると言えます。

 

適当にいい加減な就職活動をしていたり、明らかに身の丈に合わない企業ばかり受けていたら内定がもらえなくても当然ですけど、最低限のことをしっかり行えているのであれば内定をもらえるかどうかはあとは運次第です。

内定がもらえなくてもそれはただ運が悪いだけなので気にせず数をこなしていきましょう。

就職活動を真面目に続けてさえいれば必ず内定をもらうことはできるので安心してください。

面接の失敗は気にしなくて良い

就職活動で特に難しいのが面接です。

面接官と対面し、なげかけられる様々な質問に対して適切な回答をしていくことをもとめられるわけですからね。

言葉に詰まったり、わけのわからないことを言ってしまったらどうしようと不安になる気持ちはわかります。

 

でも面接で失敗することを気にする必要なんてありません。

失敗しても良いやくらいの気持ちで挑んでしまった方が良いくらいですね。

 

なぜなら面接で完璧に答えられる人なんていないからです。

どんなに面接練習や企業研究をがんばった人でも、回答に戸惑ってしまうことはあります。

 

完璧に答えなければいけないと思うからこそ変にプレッシャーがかかってしまうんです。

だから初めから完璧には答えられないと割り切ってしまった方が落ち着いて面接を受けられます。

プレッシャーがかかってしまっているよりも、落ち着いていた方が無駄なミスを減らせるでしょう。

 

また、先ほどお話したように就職活動というのは運要素の強いものなので、仮に面接でかなり良い受け応えをしたとしても内定がもらえるとは限りません。

面接なんてものは上手くいくことの方が難しいので、だからこそ失敗なんて気にしなくて良いんです。

 

なんなら面接は練習だと思って挑戦してみるのも良いかもしれません。

特に就職活動を始めたばかりのときは面接に慣れていないので、慣れるためにも適当な企業の面接を練習台にしてみてください。

慣れてしまえば怖さも自然と薄れていくので、面接が怖いのであれば場数を踏んでみてはいかがでしょうか?

就活支援サービスを利用してみる

世の中にはありがたいことに就職活動を手助けしてくれるサービスがいくつもあります。

自分の力のみで就職活動をするのに不安があるのであれば、そういった就活支援サービスを利用してみるのもありです。

 

 

就職活動を自分だけで行うのと、誰かに手助けしてもらうのではどちらが大変か一目瞭然ですよね。

サービスを利用することで少しでも楽にしておくことによって、就職活動への負担も減らすことができます。

無料で利用可能なサービスもあるので、就職活動が怖いという人は試しに頼ってみてはいかがでしょうか。

就職以外にも選択肢はある

こう言ってしまうと元も子もないんですけど、就職以外が全てではありません。

正社員にならなくても生きていくことはできます。

 

現に僕は会社に属さずフリーランスとして活動していますが普通に稼いで生きていけています。

学生のころは正社員になるのが正しいと信じ正社員として働いていた時期もあったのですが、入社した会社がブラック企業だったため退職して現在に至っている次第です。

 

内定をもらえたからと言ってそれが正解とは限りません。

僕のようにブラック企業に入社してしまう恐れも充分あるんです。

ブラック企業に勤めていた時よりも今の方が稼げていますし、ストレスも無く快適な生活を送っています。

 

だから生きるためには正社員になるしかないと思いこまないようにしてください。

就職する以外に生きる道を見つけることができれば就職活動なんてどうでもよくなりませんか?

 

もちろん独力で稼ぐというのも簡単ではありませんが、努力さえすれば不可能ではありません。

僕自身何のスキルも持たない無能な人間でしたけどなんとかなっているのでそれは保証します。

就職活動が怖いのであれば、正社員以外の生き方も検討してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ:就職活動の恐怖は克服できる!

就職活動が怖いと思うことは何もおかしいことではありません。

多くの人が就職活動には不安を持っているため、自分だけがおかしいと卑屈にならないようにしましょう。

怖いと感じているものは実はたいしたことではないので、今回ご紹介させていただいたことを参考にして恐怖を克服できるようにがんばってみてください。

就活カテゴリの最新記事