夜勤は苦痛な仕事。苦痛を和らげるための方法は?

夜勤は苦痛な仕事。苦痛を和らげるための方法は?

夜勤ってキツイですよねぇ…

 

こんにちは、IKEです!

夜勤の仕事が楽って人もいますけど、大多数の人にとって夜勤という勤務形態は苦痛でしかありません。

僕自身も夜勤の仕事は経験があるのでわかるんですけどホントに夜勤って苦痛で苦痛で仕方なかったです。

 

そんな夜勤の苦痛を和らげる方法があるとしたら、夜勤をしている人なら知りたいですよね。

今夜勤が苦痛だと感じている人はぜひ最後までお付き合いしていただけたらと思います。

 

苦痛を和らげる方法

この記事をご覧になっている人ってすでに色々試している人だと思います。

昼間寝るときに耳栓やアイマスクをしてできるだけ安眠をしたり、マッサージをしたり夜勤中にエナジードリンクなどでカフェインを取って眠気をごまかそうとしたことがあるんじゃないでしょうか?

 

少しでも夜勤を楽にしようと色々試してみて明確に効果があったことってありましたか?

恐らくですけどどれも気休め程度で、多少効果はあったかもしれません。

それでも夜勤が苦痛だからこの記事を読んでいるのではないでしょうか?

 

つまり結論を言ってしまうと夜勤の苦痛を和らげる方法なんていうのはありません。

苦痛を和らげる方法があるかのように話してしまっていましたけど、そんな都合の良い話は無いんです。

いつまで経っても夜勤が苦痛でしょうがないというのであれば夜勤が向いていないという証拠になります。

 

夜勤は向いてない人には無理

そもそも人間は夜寝る生き物です。

夜行性の生き物でも無いのに夜に働くなんていうのは生物的に無茶なのではないでしょうか。

 

中には夜勤が平気だよって人もいるかもしれませんけど、ほとんどの人は夜勤なんて無理なんです。

向いてる向いてないというのは才能みたいなものなのでいくらがんばっても夜勤の苦痛なんて和らぐわけがありません。

無理な人はどんだけがんばっても無理なんです。

 

例えばですけど火を触って平気なんていう人はいませんよね。

どれだけ努力したとしても生物である以上火を克服できるわけがありません。

 

同じように夜勤がキツイのは人間という生物である以上本来無茶なことだからなんです。

どれだけ努力したとしても、夜勤がいつまで経っても苦痛ということは自分には夜勤が無理だという証拠なのではないでしょうか。

 

夜勤が苦痛なら転職した方が良い

結局一番良い方法は夜勤の仕事なんて辞めてしまうことです。

そして日勤の仕事に転職するしかありません。

苦痛な仕事をがんばって続ける必要なんて無いです。

 

無理にがんばったところでストレスが溜まるばかりか最悪体を壊してしまいますよ。

今の仕事をどうしても続けないといけない理由なんてありますか?

続けなきゃいけない理由が無いならさっさと転職をしてしまいましょう。

 

もしも職場の環境のせいで辞めたくても辞められないというのであれば退職代行サービスを利用してみるのをオススメします。

どんな仕事でも確実に辞められるので辞めたくても辞められない人は利用してみるべきです。


 

仕事なんて日勤の仕事の方が多いんですから今の仕事よりも自分に合った良い仕事なんていくらでもあります。

自分には夜勤しかないなんて勘違いしないようにしましょう。

 

どんな仕事が自分に合っているのかわからないのであれば診断アプリなんかを利用してみると良いかもしれませんね。

意外と自分では気づかない適性を診断してもらえるので、転職のときに参考になるので試しに診断してみましょう。


まとめ:夜勤は無理な人は無理

夜勤が苦痛なのであればそれは自分には無理な働き方だということです。

無理にがんばったとしてもどんどん体を壊していくばかりで、良いことなんて全くありません。

ダラダラ続けても時間と体力を無駄にするだけなのでどんどん転職活動を進めてもっと良い会社に就けるようにがんばってください。

仕事カテゴリの最新記事