12時間2直って大変?めちゃくちゃ大変だからマジでやめとけ

12時間2直って大変?めちゃくちゃ大変だからマジでやめとけ

12時間2直の仕事だけはやめとけ。

 

こんにちは、IKEです!

気になっている企業の勤務形態が12時間2直となっていたってことあると思います。

12時間2直ってなんなの?大変なのか?っていうのは知っておきたいですよね。

 

そこで実際に12時間2直の勤務形態で働いたことのある僕が詳しくお話していきたいと思います。

 

12時間2直とは?

12時間2直っていうのは要するに12時間2交代勤務のことです。

班を2つ作り、その2班で12時間ずつ交代で勤務することで職場を24時間フル稼働させるための勤務形態になります。

だから工場や看護などでよく取り入れられている勤務形態ですね。

 

12時間2直ってどう?

これはもう結論から言っちゃいますけど、12時間2直はめちゃくちゃキツイです。

できることなら絶対やらない方が良いですね。

間違ってもそんなバカな勤務形態の会社には就職しない方が良いです。

 

何がどう大変なのかについて詳しく話していきましょうか。

まず12時間が長い

そもそも8時間という一般的な勤務時間ですら長く感じますよね。

それが12時間ですよ12時間。

長いに決まってるじゃないですかこんなの。

毎日4時間も残業しなきゃいけないって考えたらどう思いますか?

 

1日は24時間しかないのに12時間働くってはっきり言って普通じゃないですよ。

普通だと思っている人は感覚が麻痺してます頭バグってます。

 

実際毎日12時間勤務をするのはめちゃくちゃ大変でした。

勤務時間だけではなく通勤時間、ご飯、お風呂、睡眠とこれらをもろもろ済ませたら1日の自由な時間って4時間あるかどうかってなるんですよ。

だから休日になるまで自分のことなんてほとんど何もすることができません。

12時間という勤務時間のせいで仕事だけの毎日となってしまうのが12時間2直のまずキツイところです。

夜勤がしんどい

12時間ずつ2交代で回すってことは当然夜勤もやらなければいけないんですよね。

この夜勤がとにかくキツイです。

 

人間っていうのは夜行性の生物じゃないんだから夜働いたら体に負担がかかるに決まってます。

実際夜間に仕事をするのはマジでしんどかったです。

寝たくても寝れない苦しみって想像以上に耐えがたいものなんですよ。

 

ゲームやYouTubeを観て夜更かしするのとでは全然違います。

家で夜更かししてしまうのは楽しいからなんですよね。

でも仕事なんていうのは基本つまらないものです。

 

退屈なときって眠くなりますよね。

夜ってだけでただでさえ眠いのに退屈な時間を過ごすんですよ。

これで眠くならないわけがありません。

 

でも寝てはいけません。

仕事ですからね。

毎日毎日眠気を我慢して仕事をするのって本当にしんどいです。

 

生活リズムも狂います。

無理矢理昼間寝て夜起きる生活を続けて、いざ休日になったときは昼間起きてられないですよ。

休日は基本寝て過ごすことになってしまいます。

 

しかも僕の職場の場合、日勤と夜勤を1週間ごとに交互に行う職場だったので切り返しが大変でした。

日勤か夜勤のどちらかをずーっとやるならまだマシなんですけどね。

1週間って頻度コロコロと生活リズムを切り替えるのは苦痛でしかありませんでした。

 

12時間2直の仕事なんてしない方が良い

マジで経験則から申し上げますけど、12時間2直の仕事なんていうのはクソです。

あんなの望んでやるような仕事じゃありません。

毎日毎日キツイと思いながら12時間も仕事をするのって本当に大変なんです。

 

だからできることなら普通の勤務形態の仕事をしましょう。

基本8時間で日勤の普通の仕事です。

もしも求人を見て気になった会社が12時間2直だったなら絶対に候補から外しておいた方が良いです。

 

12時間2直の仕事しか採用されないなんてことは無いと思います。

探せばいくらでも普通の勤務形態の仕事があるので、僕みたいに12時間2直の仕事で苦しむ人が減っていけば良いなと思います。

 

 

仕事カテゴリの最新記事