目上の人に「なるほど」は失礼?なぜ失礼なのか詳しく解説

目上の人に「なるほど」は失礼?なぜ失礼なのか詳しく解説

僕は普通に「なるほど」って言っちゃってましたね。

 

こんにちは、IKEです!

仕事をするうえで上司や取引先など、目上の人と接する機会は非常に多いですよね。

いつも失礼にならないように言葉遣いなどを気を付けていると思います。

 

でもいくら気を付けていたとしても、知らずに相手を不愉快にしてしまっていることがけっこうあるんです。

例えばみなさん普段話をしていて、「なるほど」って言うことありますよね。

納得できたり同じ意見だったりした場合多くの人が言う言葉だと思います。

 

でも「なるほど」って目上の人に対して使うと失礼だって知っていましたか?

どうして目上の人になるほどと言うのは失礼なのか、そのことについて詳しくお話していきたいと思います。

 

なぜ失礼なのか?

相槌としてよく使う「なるほど」がなぜ失礼になるのでしょうか?

理由としては、上から目線と受け取られてしまうことがあるからです。

 

相手の発言や意見に対して「なるほど」ということによって場合によっては傲慢とも受け取られてしまうことがあるようです。

そのためビジネスマナー的に上司などに対して「なるほど」というのは控えた方が良いとされています。

 

ちなみにですけど、「なるほどですね」と丁寧な言い回しにしてもダメです。

まあそもそも「なるほどですね」って日本語としてちょっとおかしいからこれは仕方ないかもしれませんね。

 

「なるほど」と言いたいときなんて言うべき?

じゃあ相手の意見に同意するときどうすれば良いかってなりますよね。

普段「なるほど」としか言わないと思うので、目上の人の意見に対してなんて言えば良いのかわからないかと思います。

 

そこで一番良い応え方としては、「おっしゃる通りです」と応えることです。

「確かにその通りです」といった言い方をするのも印象が悪くありません。

目上の人に対して失礼にならないようにこれらの応え方をするのが良いでしょう。

 

正直そんな気にするようなこと?

ビジネスマナーとしては目上の人に対して「なるほど」というのがなぜ失礼なのかご理解いただけたかと思います。

一応そういうものらしいので解説したんですけど、ぶっちゃけそんな気にするようなことでも無い気がするんですよね。

 

そもそも「なるほど」の意味って

他人の言葉を受け入れて、自分も同意見であることを示す。たしかに。まことに。「成る程それはいい」

引用:goo辞書

とこのような意味ですよね。

 

これを見る限り別に上から目線での相槌ってわけじゃない気がします。

上から目線に聞こえるっていうのはなんかただのあてつけのような気がしてなりません。

相手を侮辱したりするような言葉でもありませんよね。

 

だから「なるほど」って目上の人に言うのが失礼って聞いたときこう思いましたね。

めんどくせえ国だなって。

 

実際「なるほど」が失礼になるって聞いて「なんで?」って思う人多いんじゃないでしょうか?

大勢の人がが自然に使っていて、なぜ失礼になるのかもわからないことをわざわざ失礼だって騒ぎ立てるのはどうなんでしょうかね。

 

僕からしたら細けえこと気にすんなよって思います。

こんな誰を侮辱するわけでもない言葉でいちいち気分を害するような人間で溢れたらどんどん生きづらい世の中になっていきますよ。

 

必要無いビジネスマナーは無くしていくべき

目上の人に対して「なるほど」って言うのは失礼なのはどう考えてもおかしいことです。

そんなことをマナー違反とするビジネスマナーって果たしてどうなんでしょうね。

 

別にビジネスマナー自体を批判しているわけじゃありません。

必要だと思うビジネスマナーも数多くあります。

 

ただ今回話したことのようなどうでもいいビジネスマナーも数多くあるのは事実です。

そんなどうでも良いマナーのせいで窮屈な世の中にしないためにも、こんなどうでもよいマナーは少しずつ淘汰していくべきだと思います。

 

まとめ

ビジネスマナーにおいては、目上の人に対して「なるほど」と言うのは失礼になると言われています。

でも本来の「なるほど」の意味を考えると、失礼になるというのはあてつけとしか考えられません。

こんなどうでいいマナーは少しずつ無くしていった方が過ごしやすい世の中になると思います。

仕事カテゴリの最新記事