新卒は指示待ち人間で良いんだよ。自分から動くのは損しかない

新卒は指示待ち人間で良いんだよ。自分から動くのは損しかない

自分から無理に動く必要はありません。

 

こんにちは、IKEです!

指示待ち人間って言うとなんだかマイナスのイメージがありますよね。

新卒で入社した人の中には、指示待ち人間にはなるまいと積極的に行動をしている人もいるかと思います。

 

でもぶっちゃけた話をすると、新卒の指示待ち人間って別に何も悪いことではありませんよ。

むしろ無理に積極的に行動する方が損をすることになります。

 

新卒は指示待ちでいた方が良い場面は多々あるんです。

そこでこれからなぜ新卒は指示待ち人間で良いのか詳しくお話していきたいと思います。

 

新卒にできることなんて全然無い

新卒って言うのは学校を卒業したばかりの新入社員のことを言いますよね。

つまり働いた経験っていうのはせいぜいアルバイトくらいのものです。

 

そんなまだ社会人としてペーペーの新入社員にできることなんていうのはほとんどありません。

初めからバリバリ仕事ができる新卒なんていませんよね。

まあいるにはいるかもしれませんがそれはかなり少数なはずです。

 

会社でできることがまだ全然無いのに自分から動く必要があるでしょうか?

仕事のできる上司や先輩の指示に従うというのが、新入社員の初めの仕事だと思います。

 

自分から動いても失敗するだけ

前述したように新卒の新入社員にできることなんてありません。

じゃあもしそんな新入社員が自分から動いたとしたらどうなるでしょうか?

 

まあ十中八九失敗しますね。

すごい簡単なことなら別ですけど、仕事っていうのは大概難しいことばかりです。

 

失敗したら当然ですけどそのミスのフォローをする必要がありますよね。

でも新入社員だとそのミスのフォローの仕方もわからないものです。

 

その結果上司や先輩にミスのフォローを任せることになってしまいます。

これって迷惑になっていませんか?

 

上司たちだって暇じゃあないのに、自分から動いたせいで業務を増やすことになってしまっているんですからね。

余計な手間をかけるだけなんです。

 

失敗は成功のもとじゃないの?

失敗は成功のもとっていうことわざありますよね。

失敗したことによって、それを改めることで成功に繋げるという意味のことわざです。

 

だからこのことわざ通りに新入社員は自分から動いて失敗するべきって考えの人もいますがこれは違います。

失敗は成功のもとって言うのは他に成功するための手段が無かった場合にするものだからです。

 

だって失敗しなければ物事を覚えられないなんてことはありませんよね。

みなさんも親や学校の先生などに何か物事を教えてもらったことがあるはずです。

 

そのように教えてもらったからこそ学んだ物事っていうのはたくさんあるはずです。

教えてもらえれば覚えられるようなことをわざわざ失敗して覚える必要なんてありません。

 

上司や先輩など仕事を教えられる人はたくさんいるんです。

その人たちの指示を聞いて仕事を覚えた方が無駄が無いと思いませんか?

 

新入社員なら大人しく指示を待とう

以上のことなら新入社員なら指示を待っていた方が良いんです。

自分から行動しても失敗ばかりで上司たちに迷惑をかけるばかりで損ばかりします。

 

指示待ち=悪みたいな風潮がありますが、こんなの気にしないで良いんです。

何年も勤めているのに指示待ち人間だというのであれば問題ですけど、新入社員であれば話は別です。

 

新入社員であるならまずはしっかりと指示を聞くことに専念しましょう。

こちら動くとすれば指示を仰ぎに行くくらいで問題ありません。

 

まとめ

新入社員は指示待ち人間で良いんです。

わざわざ失敗しなくても覚えられるようなことは、上司たちの指示を聞いて覚えるようにしましょう。

最初のうちは指示待ち人間でいる方が絶対良いので、風潮に流されて無理に動くことが無いようにしてください。

 

 

 

仕事カテゴリの最新記事