新卒だけどもう辞めたい!入社したばかりだけどもう辞めたい人必見!

新卒だけどもう辞めたい!入社したばかりだけどもう辞めたい人必見!

すぐ辞めたいけど辞めるのはあり?

 

こんにちは、IKEです!

今年も新入社員としての生活をスタートした人は数多くいらっしゃるかと思います。

まあ多くの人は期待よりも不安の方が多いんじゃないでしょうかね?

すでに社会に飲まれて疲労婚倍になっている人もたくさんいるかと思います。

 

そんな新卒の中には入社したばかりだけどもう辞めたいと考えている人もいますよね。

楽しい学生生活のあとにいきなり厳しい正社員ですからね気持ちはよくわかります。

 

でも新卒で入社したばかりの会社をすぐに辞めるのはやばいだろうと考えてしまい、辞めるに辞められないのが現状だと思います。

それでは実際のところ入社してすぐに退職してしまったらどうなるのでしょうか?

そこでこれから新卒で入社してすぐ辞めたらどうなるのか詳しくお話していきますので、新卒だけどもう辞めたいと考えている方は最後まで必見です。

 

ホントに辞めたかったら辞めた方が良い

結論から言ってしまいますと、辞めたかったらさっさと辞めてしまった方が良いです。

悩んでいる時間の方がもったいないので辞めたかったら辞めちゃいましょう。

 

 

「そんなすぐに辞めちゃったら転職に困るんじゃない?」

と思うかもしれませんよね。

でも実はそうでもないんです。

 

なぜ早期の退職は転職に困らないのか、その詳しい理由についてはこれからお話させていただきます。

 

早期の退職は第二新卒扱いになる

第二新卒と言う言葉は聞いたことがあるでしょうか?

聞いたことはあっても詳しくは知らないと言う人もいるかと思います。

 

説明すると、第二新卒というのは新卒で入社した会社を3年未満で退職した者のことを言います。

3年以降での退職では第二新卒扱いにはならないと思われます。

 

じゃあ第二新卒だからなに?って思いますよね。

第二新卒って言うのは簡単に言ってしまうと新卒の次くらいに就職に有利な特権なんです。

 

短期間とは言え第二新卒は社会に出ていますよね。

そのため前の会社である程度のビジネスマナーが身についている人が多いです。

 

なので育成する手間が新卒よりもかかりません。

さらにまだ経験が少ない分柔軟に色々と適応できるのが第二新卒の魅力なんです。

 

その第二新卒の魅力を良しとする考えの会社は数多くあります。

だから辞めたかったら早めに辞めてしまった方が良いんです。

 

すぐに辞めても第二新卒という特権があるから、よほどえり好みしない限りは転職で困ることもそうそうありません。

ダラダラ続けて中途半端な時期に辞めて第二新卒という特権を失うことが無いようにしましょう。

 

今は人手不足の会社が多い

早期退職しても転職に困らない理由にはこれもあります。

今では多くの会社が人手不足に陥っています。

 

少子高齢化とかの問題もあるので当然ですね。

 

当たり前ですけど会社としては人手は少ないと困りますよね。

ある程度の人員がいないとうまく経営が回らないものです。

 

だから人手不足の会社はえり好みしている余裕なんてありません。

入社希望の人がいて、ある程度条件を満たしていれば入社させてしまいます。

人手不足を解消するためにはある程度の妥協をするものです。

 

実際僕の知り合いには半年で3社も辞めた人がいますよw

今では4社目となっていますが転職に困ったということもなかったらしいです。

まあその人は会社をえり好みしていなかったというのもありますけどね。

 

上で話した第二新卒のことも考慮すると、早期の退職はむしろ英断だと思います。

だって時間を無駄にしないで済むんですからね。

周りの意見なんて気にしないで自分が無理だと感じたならさっさと辞めちゃいましょう。

 

まとめ

新卒で入社した会社をすぐに辞めても意外となんとかなります。

第二新卒を活かしたり、人手不足の現状を利用してしまいましょう。

無理に続けても時間を無駄にするだけなので、決断は早めにするべきです。

 

 

仕事カテゴリの最新記事