夜勤はメリットしかないってホント?経験者が語る夜勤について

夜勤はメリットしかないってホント?経験者が語る夜勤について

夜勤にはメリットしかないのか真実をお話します!

 

こんにちは、IKEです!

夜勤って言うとみなさんどんなイメージがあるでしょうか?

眠そうだなぁとか大変そう、楽そうなど様々なイメージがあるかと思います。

工場なんかで取り入れられている勤務形態で、一般的な日勤の仕事と比べるとあまりなじみがありませんよね。

 

そんな夜勤ですけど、人によってはメリットしかないと言っていることがあるんですよね。

ネットの噂とかで夜勤はすごい良い働き方みたいな話を耳にしたことがある人もいるかと思います。

しかし夜勤はメリットしかないというのは果たして本当なのか気になりませんか?

 

そこで実際に夜勤を経験したことのある僕が、夜勤はメリットしかないのかどうか詳しくお話していきたいと思います。

 

夜勤はメリットしかない?

いきなり結論から言っちゃうと、夜勤にメリットしかないなんてことはありません。

夜勤にはデメリットもたくさんあります。

 

夜勤はメリットしかないって言う人もいますけど、そんな噂を信用して夜勤をやるのはちょっと考え直した方が良いですね。

それでは実際夜勤にはどのようなメリットがあるのか、そしてデメリットとはどのようなものなのかをこれから詳しくお話していきたいと思います。

 

夜勤のメリット

通勤が楽

夜勤の良いところは通勤ラッシュなんかに巻き込まれることが無いことですね。

僕は車で通勤していたんですけど、夜勤のときに渋滞に巻き込まれるなんてことはありませんでした。

 

みんなとっくに帰っている時間に出勤するわけですから道路はスカスカです。

夜勤が終わって帰るときもみんなが起きる時間くらいになるわけなので全然車が通っていません。

渋滞が無いのでスムーズに移動することができたのは楽だったなーと記憶しています。

 

だから夜勤ってけっこうのんびり出勤することができるんですよ。

日勤だと渋滞することを考えたりしてちょっと時間に余裕を持たせて出勤しなきゃいけなかったのでその点はすごい楽でした。

給料がちょっと多い

夜勤だと深夜手当や残業手当が付くので給料がけっこうもらえます。

残業手当は会社の勤務形態にもよるので夜勤なら絶対にもらえるってわけではないですけど、少なくとも深夜手当はどこの会社でも出るはずです。

 

具体的にどれくらい給料が多くなるかと言うと、1.25倍の給料がもらえます。

これは労働基準法で定められていることなので夜勤で働けば普通に働くより稼ぐことができます。

 

だから少しでもお金が多く欲しいって人は夜勤の仕事をするのが手っ取り早くて楽なんじゃないかなと思います。

上司がいないから気楽

どこの会社にも1人は口うるさいめんどうな上司っていますよね。

とはいえいくらめんどうとは言っても同じ会社にいる以上は関わらざるをえません。

 

そんなめんどうな上司は夜勤だと来ない場合が多いです。

管理職の上司なんかは基本的に日勤なので、夜勤になんて来ません。

 

鬼の居ぬ間に洗濯ってことわざがありますけどまさにその通りで上司がいないから自由に仕事ができちゃうんですよね。

僕のいた会社は業務中にやることが無い時でもスマホをいじるのは禁止だったんですけど、夜勤のときはお構いなしで暇な時間にスマホをいじっていました。

お菓子を食べながらとかかなりやりたい放題でしたね。

だから精神的には夜勤はかなり楽だったと思います。

平日の昼間に活動できる

日勤だった場合昼間って当然仕事なので自分のやりたいことなんてほとんどできませんよね。

でも夜勤なら仕事は夜なので昼間でも自分の好きなことができます。

 

例えば平日の昼間なんてどこの店もお客なんてほとんどいないので行列なんかを気にする必要がありません。

他にも市役所などに平日の昼間に行きやすかったのは良かったですね。

夜勤のデメリット

とにかく眠い

やっぱ人間は夜寝て昼間起きるもんなんだなーって痛感しましたね。

夜勤中はとにかく眠くて仕方ないです。

 

「いつも夜更かししているから夜勤なんて平気でしょーw」

なんて夜勤をする前は思ってましたけど、これがマジで甘い考えだったと痛感させられました。

 

夜ふかしをするときっていうのはだいたい何かに没頭しているときなんですよ。

僕の場合はゲームのせいで夜更かしをよくしていましたけど、何か楽しくて夢中になっているときって平気で夜ふかしできちゃいます。

 

ところが夜勤って結局働いているだけだからつまんないんですよね。

仕事って基本的に疲れるしストレスも溜まるし楽しくないと苦痛の塊です。

なんにも夢中になれないことを深夜にしていても眠くなるばかりなんですよね。

 

「昼間いっぱい寝ればなんとかなるんじゃない?」

って思う人もいるかと思いますけど、昼間って全然熟睡できないんですよ。

外が明るいのはアイマスクをすればなんとかなりますけど、生活音がうるさいですし、大きい道路が近くにあると車の音も絶えません。

 

寝れはしますけど3時間もしないで目が覚めちゃってろくに眠ることができないんです。

やってみればわかるかと思いますけど昼間に6時間以上熟睡するのってけっこう難しいことなんですよ。

 

熟睡できないと仕事をするのにも全然気力が出てきません。

夜3時間だけ寝て昼間働くって考えたらどれだけキツイかちょっとわかるんじゃないでしょうか。

 

夜勤のデメリットはいくつかありますけど、とにかく眠いってのが夜勤の最大のデメリットだと思いました。

体調を崩しやすくなる

人体のメカニズムなんてよく知らないですけど、体感ですが夜勤を始めてから体調を崩しやすくなったなーと思いましたね。

断言はできないですけど多分夜勤が原因だと思います。

 

よく頭痛が起こるようになりましたし、風邪もひきやすくなった気がしました。

しかも一度風邪をひくと全然治らなかったですね。

 

夜勤を辞めてからというもの体調がすこぶる良くなったと実感しましたしね。

やっぱり夜にぐっすり熟睡するのが人間にとってかなり健康的なことなんだと思います。

人間は夜行性の生き物ではありませんしね。

家族や友達と会わなくなる

夜勤をやっていると他の人と生活スタイルが真逆になります。

みんなが働いている時間に寝て、みんなが寝ている時間に働くからですね。

 

この真逆な生活スタイルのせいで家族や友達と会う機会が減ります。

同じ家に住んでいる家族ですらなかなか顔を会わさなくなるのでめちゃくちゃ寂しいですよ。

 

さらに他の友達が仕事終わりにみんなで外食をするってときにも自分が夜勤だと参加できません。

夜勤の休憩中にSNSでみんなが楽しそうにしていたのを知ったときホントに寂しくなるんですよ。

元々あまり人と関わらないタイプなら気にならないことかもしれないですけど、寂しがり屋はけっこうつらい想いをすることになります。

抜け毛が増える

医学的な根拠とかは無いんでこれは気のせいかもしれないんですけど、多分夜勤が原因でめちゃくちゃ髪の毛が抜けてました。

夜勤をやっていたときはお風呂とか入ったときいつもゴッソリ髪の毛が抜けてましたね。

実際髪の毛が減っていたのか僕は親に育毛剤を紹介されたくらいですw

 

夜勤を辞めてからは抜け毛も減ったんで多分夜勤が髪に悪かったんだと思います。

ハゲたくない人は夜勤はやらない方が良いかもしれません。

夜勤はデメリットもたくさんある

以上のように僕が実際に夜勤を経験しましたけど、メリットもあればデメリットもありました。

メリットしかないっていう話は絶対間違っています。

 

個人的にはメリットよりはデメリットの方が遥かに大きいと感じましたね。

夜勤を辞めて思いましたけど、夜寝れるのってすごい幸せなことなんですよ。

個人的にはデメリットを考えたら夜勤なんてやらない方が良いと思います。

 

まあとはいえ夜勤が合うって人も中にはいます。

僕は夜勤は無理でしたけど、夜勤は合う人にとってはかなり良いんじゃないでしょうか。

夜勤はメリットしかないって言う人は多分夜勤が合う人なんでしょう。

 

でも合わない人は僕のようにとことん合わないので、夜勤でかなり大変な想いをします。

夜勤が合わない人は絶対夜勤なんてやらない方が良いです。

 

今夜勤をしようか悩んでいる人は今回の話をぜひ参考にしていただけたらと思います。

これまでの話で夜勤が合うって思った人は試しに挑戦してみても良いかもしれません。

 

・工場求人ナビ

自宅から気軽にWEB面接!!

時間が無い人でも地方に住む人でもスマホで仕事探し!!

高収入や寮完備のシゴトが満載!

>>工場系シゴト情報求人サイト「工場求人ナビ」

・お仕事情報ネット

入社祝い金15万円がもらえる!?

会員登録不要で簡単に応募できる製造系求人サイトはこちら!!

>>製造業、工場の高時給求人がたくさん!【お仕事情報ネット】

・工場WORKER

寮費無料の住み込み付き求人多数掲載!!

求職者のニーズに合わせた求人サイト!!

>>寮付き求人・お仕事探し【工場WORKER】

まとめ

夜勤にはメリットもあるけどデメリットもあります。

メリットしかないなんて噂を信用して夜勤をしたらつらい経験をすることになるかもしれません。

自分に合うか合わないか、後悔しないためにもしっかり考えて夜勤をやるかどうか決めましょう。

仕事カテゴリの最新記事