転職は逃げなのか?つらくなったら転職するのは間違い?

転職は逃げなのか?つらくなったら転職するのは間違い?

転職=逃げみたいな風潮ありますよねぇ。

 

こんにちは、IKEです!

今の職場がつらい、どうしても耐えられないと思ったら転職が視野に入るのではないでしょうか?

実際職場の環境に嫌気がさして転職する人は数多くいますからね。

 

でも転職は逃げだと批判する人が一定数います。

そのせいで、自分も逃げることになってしまうのではないかと転職をためらってしまう人もいるのではないでしょうか?

 

つらいからと言って転職するのは間違いだと言わんばかりですよね。

そこでこれから転職するのは逃げなのかどうか詳しくお話していきたいと思います。

 

転職は逃げではない

断言しますが、転職は逃げなんかではありません。

むしろ環境を変えようと努力している勇気ある行動だと言っても過言ではないです。

 

もしもつらい環境でも転職せずにずっと我慢し続けたとしましょう。

我慢し続けたところでどんどん精神的に追い詰められていき、うつ病自殺してしまうなんてことも考えられます。

 

ブラック企業のせいで社員が自殺してしまったなんてニュースは珍しくないですよね。

転職してもっとまともな職場に行けていればそんな悲惨なことにはならなかったからでしょう。

 

でも転職=逃げみたいなクソみたいなことを言っている奴らがいるせいで、劣悪な環境から抜け出せずに自殺してしまった人たちがたくさんいます。

転職が逃げなんて勘違いしている連中は環境を変えようと努力している人たちの邪魔でしかないんです。

転職を批判するバカな奴らは間接的に殺人をしていると言っても良いと思っています。

 

そもそも逃げるのは悪いことじゃない

日本人特有の考えなのかは知りませんけど、逃げる=悪いことだって認識が強いですよね。

逃げずに頑張るのが立派みたいな風潮がありますけど、そんなのどう考えても間違っています。

 

だって逃げるっていうのは、自分の身を守る手段の一つなんですよ?

どんな動物も自分より危険な生物に近づかれたら逃げるものです。

 

逃げる理由は単純に、自分の身に危険が近づいているからです。

仮にですけど、目の前にライオンや熊みたいな狂暴な動物がいたら逃げますよね。(逃げ切れるかどうかは別として)

 

他にも津波や地震のような危険が来たら避難するかと思います。

避難だって逃げるのとなんら変わりないことです。

 

そんな自分の身を守る行為である逃げはホントに悪いことなんでしょうか?

逃げが悪いことだと思っているクソバカは、ライオンに対して逃げずに立ち向かって食い殺される方が偉いと思っているんですかね。

偉いとか褒められたところで、死んでしまったら何にも意味が無いですよ。

 

なので、転職が逃げだと批判してくるバカがいても気にしなくて良いんです。

そんなバカの言うことに耳を傾けてしまったら不幸な目に遭ってしまいますからね。

 

つらくなったら転職しよう

もし今の職場がつらくて耐えられないと思うのであれば、早めに転職をするようにしましょう。

長くいればいるほど自分がボロボロになっていきます。

 

逃げだなんだと批判してくるバカがいっぱいいるかと思いますが、全部無視してしまってOKです。

職場の老害が何言ってきても、転職してしまえば会うこともなくなりますしね。

 

転職っていうのは別に悪いことでもなんでもないんです。

外国なんかだと積極的に転職をしている人の方が多いくらいだと聞きますしね。

 

転職をして良かったと言う人は数多くいます。

環境を変えたいのであれば、我慢なんてせずにさっさと転職してしまいましょう。

転職した先もダメな職場だったらまた転職してしまえば良いんです。

 

まとめ

転職というのは逃げでもなんでも無く、環境を変えるためにできる行動の一つです。

そもそも逃げるというのは悪いことでは無く、生物的に考えると当然の行動だと言えます。

転職を批判するバカの言うことなんて無視して、つらいと思うのであれば転職してしまいましょう。

仕事カテゴリの最新記事