クラウドワークスでの副業は会社にバレる?会社にバレないためには?

クラウドワークスでの副業は会社にバレる?会社にバレないためには?

会社に副業がバレたくない人必見です。

 

こんにちは、IKEです!

最近では会社勤めをしながら副業をする人がたくさんいらっしゃるかと思います。

今ではパソコンとネット環境さえあれば副業が気軽にできる時代ですからね。

 

そんな副業の一つにクラウドワークスがあります。

誰でもスキルが無くても在宅でできる副業で、空いた時間にコツコツできるので注目を集めている副業です。

 

ではそんなクラウドワークスでの副業は会社にバレてしまうのでしょうか?

人によっては会社に副業をしていることがバレたくないという方も多いでしょう。

 

在宅であるクラウドワークスならバレにくいようなイメージがありますが、実際のところどうなんでしょうか?

そこでこれからクラウドワークスでの副業は会社にバレるのかどうかお話していきたいと思います。

 

クラウドワークスでの副業は会社にバレる?

結論から言ってしまうと、クラウドワークスで副業をしていることは会社にバレてしまいます。

在宅だから視覚的にはバレにくいですが、バレてしまうものです。

 

なぜバレてしまうのかというと、住民税が絡んできます。

住民税というものは収入が増えれば増えるほど、それに応じて住民税も増えていくものなんです。

 

収入というのは本業だけに関わらず、副業をしていた場合その副業分の収入も含まれます。

つまり本業+副業の収入が住民税に影響されるというわけですね。

 

そして住民税というのは会社に勤めているのでご存知かと思いますけど、給料から毎月天引きされるものですよね。

副業がバレてしまうのはそのタイミングなんです。

 

給与係が住民税を確認するときに、副業をしている人のを見たときに違和感を感じます。

「この人会社の給料に比べて住民税がやけに多いな」

とこのように給料に対して住民税の多さが気になります。

 

その結果、この人は副業をしているということがバレてしまいます。

これがクラウドワークスでの副業が会社にバレてしまう理由です。

 

クラウドワークスでの副業をバレずにする方法

クラウドワークスでの副業は住民税によって会社にバレてしまいます。

ですが、対策をすることで会社にバレずにクラウドワークスで副業をすることは可能です。

これから会社にバレずにクラウドワークスで副業をする方法をいくつかご紹介していきます。

副業分の住民税を自分で払う

住民税が増えてしまうことによって会社に副業をしていることがバレてしまいます。

ですが、だからと言って副業分の収入を確定申告しないわけにはいかないですよね。

申告しなかった場合、脱税となり重い罰則を受けることになってしまうからです。

 

でも実はその確定申告の際に住民税の対策をすることができます。

どうすれば良いのかと言うと、住民税を特別徴収から普通徴収に切り替えれば良いんです。

 

特別徴収というのは会社から住民税を天引きしてもらうようするものとなります。

そして逆に普通徴収は税金を自分で納めるものです。

 

普通徴収に切り替えて自分で住民税を納めれば、会社が天引きする分の住民税が増えることもありません。

申告書にある住民税の納付方法の選択欄で、副業分は『普通徴収』で選ぶことによって普通徴収に切り替えることができます。

副業の所得を年間20万円以下に抑える

先ほどもお話しましたが、収入が発生する以上は基本的に確定申告をしなければいけません。

ですが、実は副業の収入は確定申告をしなくても良い方法があります。

 

確定申告をしなくても良い方法はと言うと、副業の所得を年間20万円以下に抑えるという方法です。

所得ということなので、売上から経費を引いたものになります。

 

本業がある人は、副業で稼いだ所得が年間20万円以下だった場合は確定申告しなくても良いという特別ルールみたいなのがあるんです。

これを20万円ルールと呼びます。

 

会社に副業がバレたくなければ年間の所得を20万円以下に抑えるようにしましょう。

ただこの20万円以下のルールは年末調整を受けた人に限るので気を付けてください。

 

まとめ

クラウドワークスでの副業は対策をしないとバレてしまうものです。

住民税が副業の収入によって増えてしまうことによってバレてしまいます。

会社にバレずにクラウドワークスで副業をしたいのであれば住民税の対策をするようにしましょう。

クラウドワークスカテゴリの最新記事