仕事で上司のせいでストレスが溜まる方必見!ストレスを溜めないためには?

仕事で上司のせいでストレスが溜まる方必見!ストレスを溜めないためには?

上司のせいでストレス溜まることって多いですよね。

 

こんにちは、IKEです!

仕事をしているとストレスが溜まることが良くありますよね。

その中でも上司が原因でストレスが溜まるのは非常に厄介です。

 

ストレスの原因の1位にもなると言われているほど上司との関係は複雑なものになります。

職場でトラブルを起こすわけにもいかないので基本的にはみなさん我慢されていることでしょう。

 

ですが、いつまでも我慢していたのではストレスで苦しみ続けてしまうことになってしまいます。

そこでこれから仕事の上司が原因でストレスが溜まっている方のために、ストレスを溜めないための方法をご紹介します。

 

ストレスを溜めないためには?

なるべく関わらない

ストレスの原因が上司であるのなら、まずはなるべく関わらないようにしましょう。

会話は事務的な内容にとどめて置いて、雑談なんかもしないようにしてみてください。

 

あちらから雑談を持ちかけられたときも失礼にならない程度に流してなるべく早めに切り上げられるようにしましょう。

「ごめんなさい今忙しいのであとでも良いですか?」

とでも言ってしまえばあちらも常識があるのであればそれ以上話を続けないはずです。

 

ただなるべく関わらないようにとは言いましたが、挨拶は必ずするようにしてください。

ストレスが溜まるほど嫌いな上司でしょうが、だからといって挨拶をしないわけにはいきません。

 

嫌いだから挨拶しないなんていうのは、挨拶をしなくて良い理由にはなっていないですよね。

嫌かもしれませんが仕事である以上私情を持ちこまずに、仕事に影響が出ないように努めてみてください。

上司より上の人に相談する

今の上司が理不尽過ぎるといった理由でストレスが溜まることがありますよね。

そういう上司っていうのはこちらから何かアクションを起こしたところで行動を改善してくれることがありません。

 

なので、その上司よりさらに上の人に相談するようにしてみましょう。

しっかりと明白にどんなことをされているのか真剣に相談すればまともな人であれば対応をしてくれるはずです。

 

だいたい上の人はその上司に注意をしてくれるでしょう。

流石に上司も自分より上の人に注意されたら言い返せないものなので、少しは態度がマシになるはずです。

上司に張り合わない

理不尽なことを言われたりすると言い返したくなりますよね。

僕もぶん殴りたいくらい理不尽なことをされた経験があります。

 

ですが、基本的には上司に何をされても口論になるようなことをしたり、暴力を振るうようなことはしないようにしましょう。

なぜかと言うと、体力の無駄となりそれがまたさらにストレスを溜める原因になるからです。

 

理不尽なことをしてくる上司って正論が通じないんですよ。

こちらがどんなに正しいことを言っても聞く耳なんて持ち合わせていません。

まあ正論が通じるような相手ならそもそも理不尽なことなんてしてこないんですけどね。

 

あと仮に暴力を振るわれるようなことがあっても殴り返しちゃダメです。

殴った瞬間こっちまで悪者にされてしまうからです。

 

感情的になって手を出しても根本的な解決をしないどころか、職場の他の人から

「こいつちょっとやばい」

みたいな感じでトラブルメーカーみたいな扱いをされてしまう可能性があります。

 

これだと体力を使ったのに、他の人からもうざがられてしまいさらにストレスが溜まってしまいますよね。

なので、つらいかもしれませんが理不尽なことをされても我慢するようにしてください。

 

とはいえやられっぱなしではいけないので、こちらに非が無いように反撃してみましょう。

向こうが何かをしてきても、こちらが我慢しておけば100%向こうが悪者になります。

特に暴力なんてこちらが一切手を出していないのであれば普通に訴えて勝つことができます。

 

このように我慢しておけば絶対被害者になることができるんです。

どんな状況でも被害者というのは社会的に守られる立場で、加害者は許されない存在になります。

上司を懲らしめたいのであれば被害者の立場になるように上手く立ちまわってみましょう。

退職する

最悪もうどうしようも無いと思ったら退職してしまいましょう。

今の会社に居続ける限り、その嫌いな上司ともずーっと一緒に仕事をしなければいけないからです。

 

もしかしたら人事異動や、その上司が転職したりすることによって関わりが無くなるかもしれません。

ですが、それはそういう可能性があるというだけで絶対ではありませんよね。

もしかしたらその上司は定年まで居続けるかもしれません。

 

上司とずーっと関わることになるかもしれないのにその会社で頑張るのはリスクがあると思いませんか?

退職すればその上司とは絶対関わらなくて済むようになります。

なのでもう無理だと感じるのであればさっさと退職しちゃいましょう。

 

ストレスを溜め続けないようにしよう

ストレスというのは害しかないので、できることなら溜めないようにするのが一番です。

もしもストレスを過剰に感じてしまうと、自律神経失調症やうつ病といった病気を患ってしまう恐れがあります。

なのでなるべくストレスを溜めないように対策をするようにしましょう。

 

まとめ

ストレスの原因となる上司は非常に厄介なものです。

とはいえ大人しく上司の良いように扱われてしまうわけにもいきません。

ストレスのせいで体を壊してしまわないためにも、上司のせいでストレスが溜まるのであれば早めに対策するようにしてみてください。

 

 

 

仕事カテゴリの最新記事