退職日まで気まずい…できるだけ気まずい思いをしないための方法

退職日まで気まずい…できるだけ気まずい思いをしないための方法

退職日までしんどいですよねぇ

 

こんにちは、IKEです!

退職日までって気まずいですよね。

退職を決めたのは良いものの、退職日までどう過ごすか考えると憂欝になるかと思います。

 

正社員となるとバイトと違いすぐに辞めることができないので下手すれば1カ月くらいつらい思いをするかもしれません。

でもできることなら気まずい思いをしたくないですよね。

 

そこでこれから退職日までできるだけ気まずくならないための方法をご紹介したいと思います。

 

気まずくならないためには?

普段から真面目に勤めておく

退職するまでに気まずくなるかどうかはぶっちゃけそれまでどのように過ごしてきたかによります。

真面目に友好的に仕事をしていたならあまり気まずいことにはなりませんし、不真面目に無愛想に仕事をしていたらやっぱり気まずくなってしまいます。

 

なのでこれまで真面目に勤めて人間関係もしっかり築いてきた方は安心してください。

そこまで気まずい思いはせず、むしろこれからのことを応援されることもあります。

退職日まで手を抜かずに仕事をやる

「どうせもう退職するんだしそれまで手を抜いちゃおう」

と考える方も中にはいらっしゃるようですけど、これではダメです。

 

退職をするということは少なからず職場に迷惑がかかるものです。

それなのに退職日まで仕事を手を抜いたらさらに迷惑をかけることになってしまいます。

これでは職場の人から良く思われないので気まずくなってしまいかねません。

 

そこで退職日までは特に真面目に仕事をこなすようにしましょう。

少しでも迷惑をかけまいとする気概さえあればそこまで気まずくなりません。

退職することを周囲にすぐに伝えない

法律では少なくとも1カ月前には退職の意思を会社に伝える必要があります。

会社によっては規定で2カ月前とか少し変わってきますが、遅くとも伝えるのは1カ月前にはなりますよね。

 

そのときもちろん退職することを伝えた上司には自分が退職をすることがわかってしまいますが、他の人はまだ知らないですよね。

なので周囲の人にはまだ自分が退職することを伝えないようにしましょう。

 

退職日の1カ月前に伝えてしまうと1カ月気まずい思いをしてしまいますよね。

ですが、2週間前であれば気まずい思いをするのは2週間で済みます。

伝えるタイミングを考えて気まずい思いをする期間をできるだけ短くしましょう。

有給を利用する

退職日までに有給が残っているのであれば積極的に利用しましょう。

有給を使えば単純に退職日までの期間が短くなりますからね。

気まずい思いをせずに会社を休めるので良いとこづくめです。

お世話になった人にしっかり挨拶をする

会社に勤めている以上お世話になった人が何人かいるかと思います。

そういった人たちに挨拶をするのを忘れないようにしましょう。

 

挨拶もしないでいると

「あいつはお世話になっといて挨拶もしないのか」

とこれまで築いてきた人間関係も崩れてしまい、気まずい思いをすることになりかねません。

 

「お世話になったのに退職することになってしまい申し訳ありません。今までありがとうございました」

とこれはあくまで一例ですけど、失礼にならないような挨拶を忘れないようにしましょう。

めんどくさい人にはなるべく関わらない

退職するって知ったときからどうやってもめんどくさい態度を取ってくる人っています。

そういう人って退職=裏切りみたいな感じで捉えているのでどうしようもないものです。

 

この人はめんどくさいなって思ったらなるべく関わらないようにしましょう。

無駄に関わって気まずい思いをする必要は無いですからね。

トラブルは起こさない

退職日まではできるだけ大人しく過ごすようにしましょう。

仮に上司などに退職することに関して何か酷いことを言われても反論したりして口論にならないようにするのが良いです。

 

そのようなトラブルを起こしてしまうと職場にさらに迷惑がかかることになるので、気まずさも増します。

退職日まではよっぽどのことが無い限りは穏便に済ませるように我慢して過ごしましょう。

 

まとめ

退職日までは気まずいものですが、少しでも気まずくならない方法はたくさんあります。

今回ご紹介した方法を試してできるだけ退職日まで気まずくならないようにしてみましょう。

 

仕事カテゴリの最新記事