サービス残業は当たり前?違法なので今すぐ対策しよう

サービス残業は当たり前?違法なので今すぐ対策しよう

サービス残業=タダ働き

 

こんにちは、IKEです!

サービス残業に悩まされている方は数多くいらっしゃるのではないでしょうか?

残業をしたのに残業手当が出ないなんて理不尽にも程があります。

 

でも会社によってはサービス残業が当たり前のように行われているのが現実です。

 

そういった社会人ではサービス残業が当たり前という悪い風習があるものですが、それはどう考えても異常なことです。

 

もしも今サービス残業に苦しめられているのならば今すぐにでも対策をする必要があります。

それではこれからサービス残業が当たり前になっているときの対策方法についてお話していきます。

 

サービス残業とは?

サービス残業とは一応なんなのか説明させていただくと、残業に対して残業手当がつかない労働のことを言います。

サビ残とも呼ばれていますね。

働いたのにそのぶんのお金がもらえないなんておかしな話ですよね。

 

具体的にどのようにしてサービス残業をさせているのかと言うと、

・定時になったら無理矢理タイムカードを押させて業務を続けさせる

・仕事の家に持ち帰らせる

・始業時間前に業務をさせる

・名ばかりの管理職として扱われる

以上のような行いがされています。

 

特に名ばかりの管理職なんて悪質極まりないことです。

一応法律上では管理職には残業代を支払わなくても良いことになっているため、管理職にさせてその法律を悪用することが実際にあります。

 

サービス残業は違法

 

何があってもサービス残業は違法だということを強く認識しましょう。

「社会人なんだからサービス残業は当たり前」

「うちの会社ではこれが普通」

みたいなことを言うアホみたいな上司がいるかもしれませんが、こんな屁理屈にもなっていないようなこと無視してOKです。

 

社会人だろうが会社でそういう決まりだろうが、国の労働基準法でサービス残業は禁止されているんです。

大人しく会社の言いなりになってサービス残業をする必要はありません。

 

だってサービス残業って要はタダ働きなんですよ?

あなたが会社で働いているのはお金のためですよね。

会社のために無償で奉仕する必要なんてないはずです。

 

そのため今現在サービス残業で苦しんでいるのであればすぐにでも対策するようにしましょう。

 

サービス残業の対策

労働基準監督署に報告する

先ほどもお話したとおりサービス残業は違法です。

なので労働基準監督署に報告してしまいましょう。

 

労働基準監督署は報告を受けて違法性があると判断したら会社に指導をしてくれます。

未払いの残業代を支払ってもらうこともできるので、これまで働いたぶんをきっちり回収してしまいましょう。

 

ですが、人によっては会社に居づらくなることを考えると労働基準監督署に報告しづらいかと思います。

その点はご安心してください。

匿名希望で報告することができるので、会社にはあなたが報告したことが伝わらないようにできるんです。

 

ただこの労働基準監督署は会社がサービス残業をしているという確かな証拠が無いと動いてくれないことが多いです

そのため証拠集めはしっかり行っておくようにしましょう。

 

具体的にどのような証拠を集めれば良いのかと言うと、

・実労働時間

・出退勤時間

・ボイスレコーダーで録音

これらのものが証拠になります。

 

ボイスレコーダーでの録音というのは例えば

「残業代は支払ってもらえないんですか?」

と上司に聞いたとします。

 

そうするとサービス残業が当たり前になっている会社なので

「残業代は払えない」

といったような応えが返ってくるはずです。

 

これを録音しておけばサービス残業の決定的な証拠になります。

スマホにもボイスレコーダー機能はあるので録音して証拠をつかんでしまいましょう。

転職する

ぶっちゃけた話サービス残業が当たり前のようにまかり通ってしまうような会社はろくな会社じゃありません。

対策として転職するのをおすすめします。

 

労働基準監督署に報告したりして会社と戦うのもすごい労力を必要としますしね。

証拠不十分だったりすると労働基準監督署も動いてくれないときもあるので、無駄骨となることもあります。

 

そう考えたら転職してもっと待遇の良い会社に移った方が絶対良いです。

サービス残業が当たり前になっているような会社からすぐにでも転職ができるようにしましょう。

 

まとめ

サービス残業は許されてはいけない違法労働です。

当たり前のようにサービス残業がまかり通って良いわけがありません。

今サービス残業に苦しめられている方はすぐにでも対策するようにしましょう。

仕事カテゴリの最新記事