みなし残業制の会社に入社するのはやめた方が良い理由

みなし残業制の会社に入社するのはやめた方が良い理由

こんにちは、IKEです!

みなし残業という言葉は聞いたことがあるでしょうか?

恐らく就職活動をしているうえで一度は聞いたことがあるかと思います。

 

みなし残業制を取り入れている会社って、求人を見る限りは給料がなかなか良いんですよね。

なので求人に書かれている数字に魅せられて入社しようかと思う方もいるかもしれません。

 

ですが、みなし残業制の会社に入社するのはやめた方が良いと断言します。

これからなぜみなし残業制の会社に入社しない方が良いのかお話していきたいと思います。

 

みなし残業とは?

そもそもみなし残業とはなんなのか詳しく知らないという方もいらっしゃるでしょう。

みなし残業という名前は聞いたことがあっても、名前だけだといまいちどんなものなのかピンと来ないですよね。

 

みなし残業は別名「固定残業制度」とも言います。

それでどういったものなのかと言うと、みなし残業はあらかじめ給料の中に一定の残業代を含ませておくものなんです。

 

さらに詳しく説明すると、例えば「月20時間の残業を含む」といったようなことが雇用契約書に書いてあったとしましょう。

その場合給料が基本給+残業20時間分の金額となっており、月20時間までの残業代は給料とは別に残業代として支払われない給与形態となっています。

 

みなし残業制の会社はやめた方が良い理由

みなし残業については説明しましたが、ざっくり言うと「どれだけ残業しても、どれだけ残業しなくても一定の残業代が支払われる給与形態」のことです。

「え、じゃあ残業全くしなかったら超お得じゃん!」って思いますよね。

確かにその通りで、仮にみなし残業が20時間だとしたら、残業が0時間の月でも20時間分の残業代が給料に含まれるんです。

 

そういったメリットも確かにあるにはあるのがみなし残業なので、それなら別に問題無いじゃんと思う方もいるかもしれません。

ですが、それでも絶対にみなし残業制の会社はやめた方が良いと断言します。

 

理由としては、みなし残業は定額の残業代以上の残業をさせられる可能性が高いからです。

元々みなし残業で決められた時間以下の残業であれば社員としてはお得ですよね。

 

では逆に経営者視点ではそれはどうでしょうか?

社員が残業していないのに残業代を払うのは経営者からすると損ですよね。

 

そのためみなし残業で決められた残業以上の時間をさせる可能性がめちゃくちゃ高くなります。

だってどれだけ働かせても最初に定めた金額以上の残業代は払わなくても良くなるからです。

 

つまり実質サービス残業みたいなことをさせられるというわけなんですよね。

僕の友人の会社もみなし残業制を取り入れているんですけど、経営者が得をしたいがために毎月何十時間も残業させられているのでいつも疲れきっています。

このようにみなし残業という制度のせいで、社員はとことん働きづめにさせられてしまい損をするのでみなし残業制の会社に入社するのはやめておきましょう。

 

給料に騙されないように

みなし残業制の会社は求人だとパッと見高給に見えます。

特に新卒に多いようなんですが、そのパッと見の金額に騙されてみなし残業制の会社に入社してしまうことがあります。

 

そんな会社のために貴重な新卒カードを使って入社するのはめちゃくちゃもったいないことです。

就職活動をするときは求人の給料の金額に騙されずに、どんな給与形態を取っているのか良く確認するようにしましょう。

 

極端な話になるかもしれませんが、みなし残業制の会社は全部ブラック企業だと思っておいた方が良いと思います。

誰しも進んでブラック企業に入社したいと思いませんよね。

そのためみなし残業制の会社に入社するのはやめておきましょう。

 

まとめ

みなし残業はあらかじめ給料の中に一定の残業代が含まれた給与形態のことを言います。

そのみなし残業制の会社は経営者が得をしたいがために、あらかじめ含まれた一定の残業代以上の残業をさせてくるのです。

ほとんどサービス残業のようなシステムのみなし残業を取り入れている会社はブラック企業だと言っても過言ではないので、給料の高さに騙されないようにしましょう。

 

就活カテゴリの最新記事