年間休日の平均は120日!!120日を下回る会社には入社しない方が良い

年間休日の平均は120日!!120日を下回る会社には入社しない方が良い

こんにちは、IKEです!

就職活動をしている方は何を目安に会社を探していますか?

業種や職種、給料面など色々あるかと思いますが、年間休日について考えたことはあるでしょうか?

 

僕個人としては、会社選びのさいには年間休日を第一優先に考えた方が良いと思います。

他の待遇が良くても年間休日が少ないと損をしてしまいます。

 

それではどれくらい年間休日があれば良いかと言うと、120日です。

120日を下回るような会社はやめておいた方が良いと断言します。

 

なぜ年間休日は120日は合った方が良いのか、これからお話していきたいと思います。

 

年間休日の平均

まずなぜ年間休日の平均が何日かご存知でしょうか?

年間休日の平均は120日だと言われています。

まずはこのことから最低でも120日は欲しいということです。

 

年間休日が120日あると、土日祝日年末休暇がほとんど休みになります。

そのため「完全週休2日、祝日、年末休暇有り」となっているような会社ではほとんど年間休日が120日となります。

 

120日を下回っている場合

それでは120日を下回っている会社はどのようなものなのでしょうか?

とは言っても単純に休みが少ないだけなので明白かと思います。

 

土曜出勤有り、祝日出勤有り、年末休暇も少ないといったような感じですね。

実際体験してみればわかるんですけど、これって本当にしんどいことなんです。

 

僕の前職は年間休日が104日とかだったんですけど、これでもけっこうしんどかったです。

みんなが休んだり遊んだりしている土曜日や祝日に仕事に行くのってすごい憂欝だし疲れます。

クタクタで家に帰ってSNSを見たら友達たちが集まってワイワイやってた写真とか見るときのツラさはなかなか耐えがたいものです。

 

それでも104日っていうのはまだマシな方で、酷いところだと100日を下回って90日とかもっと酷いところがたくさんあります。

そんな会社にいたら心身共に疲れ果ててしまうので絶対そのような会社には入社しないようにしましょう。

 

年間休日の少ない業種

年間休日が105日にも満たない業種は小売・飲食・サービス業となっています。

そのためこれらの業種は志望しない方が良いと言えるでしょう。

 

僕は学生時代スーパー、つまり小売店でバイトをしていたんですけど社員は本当に大変そうでした。

欠員がでたからということで本来休みだった社員が出社させられ、しかも代休のようなものは無しなんて日常茶飯事です。

 

しかも残業もめちゃくちゃ長いのもこの業種の恐ろしいところです。

その僕がバイトしていたスーパーの副店長は朝5時から出社して、帰るのが午後7時とかになるのが当たり前でした。

 

他にもスーパーと言えばバイトがサボったりしてその代わりに社員が負担するようなことだってあります。

そういうこともあるので、小売もそうですが飲食・サービス業も辞めておいた方が良いでしょう。

 

まとめ

会社の年間休日は120日です。

120日を下回る会社は休みが足りなくて心身共に疲れ切ってしまいます。

就職活動のさいは最低でもこの平均である120日は年間休日がある会社に入社しましょう。

 

就活カテゴリの最新記事