意識高い系はウザイうえに害悪でしかないから避けた方が良い理由

意識高い系はウザイうえに害悪でしかないから避けた方が良い理由

こんにちは、IKEです!

意識高い系って呼ばれる人たちっていますよね。

主に大学からこの意識高い系は現れ始めると思います。

 

大学生からフリーター、そして正社員にもこのような人種がいます。

基本的にこの意識高い系になる人は若い人ばかりですね。

 

そんな意識高い系はウザイうえに害悪でしかないということをご存知でしょうか?

一緒にいても損しかしません。

 

それではなぜこの意識高い系が害悪なのかお話していきたいと思います。

 

そもそも意識高い系とは

意識高い系という言葉を聞く機会は多いと思いますが、定義はあいまいになっている人が多いと思うのでまずは意識高い系とはなんなのか説明させていただきます。

 

意識高い系はおおざっぱに言うと自己掲示欲が強い人のことですね。

例えば自分が如何に優秀なのかを学歴や人脈などでアピールします。

また、そのために率先して仕事などに取り組む傾向が強い人たちのことです。

 

真面目な人と受け止められることもありますが、意識高い系は真面目とは違います。

本当に真面目な人は自己アピールなどせず黙々とやるべきことをやる人のことだからです。

 

意識高い系が害悪な理由

周囲に自分の考えを押し付ける

ここまでの話だと意識高い系はようするにただの構ってちゃんだとわかりますね。

一見特に悪いことをしていないように見えますが、実はそんなことありません。

 

意識高い系は周囲の人間にも自分の考えていることを強要させてくるのです。

例えば

「学生の本分は勉強に励むことだ!」

と周囲に勉強するように詰め寄ってきます。

 

確かに勉強をすることは大事です。

一理あることなのですが、別に学生は勉強だけが全てではないですよね。

交友関係を作ったりするのも大事なことです。

 

このように自分の考えを無理やり押し付けようとしてくるのが害悪だと思う原因です。

自分の理想の生き方を他者にまで強要するのはどう考えてもおかしいことですよね。

意識高い系は自分のことを棚に上げる

もう一つ意識高い系が害悪だと思う理由があります。

それは意識高い系は自分のことを棚に上げることです。

 

どういうことかと言うと、例えば仕事などでミスをした際に自分のせいだと認めないのです。

これは自分が優秀だからミスなんかありえないと思い込んでいるからそうなります。

意識高い系は他人には細かいことで文句を言ってくるのに自分には甘いのです。

 

これらのことがあるから僕は意識高い系が嫌いなのです。

恐らく他にも意識高い系がなんとなく嫌いだった方がいると思うのですが、明確に害悪だとご理解いただけたかと思います。

 

もしも自分が意識高い系の行動をしていたら、周囲の人に迷惑をかけているということを理解しましょう。

 

意識高い系とは関わらない方が良い

結果として意識高い系に関わっても良いことがありません。

自分の考えを一方的に押し付けてくるのはウザイだけで迷惑でしかないからです。

 

学生でも社会人でも意識高い系は存在します。

そういった人たちに関わってもさも自分が優秀であるかのようなアピールをしてくるだけなので一緒にいても楽しくないですよ。

 

出来る限り関わらないためにもこちらから話かけたりするようなことはやめておきましょう。

 

意識高い系を避ける方法

必要以上に話かけない

間違っても意識高い系にこちらから話かけるようなことはしてはいけません。

無駄に仲良くなってしまうと説教っぽく自分の考えを押し付けてくるようになります。

 

話かけるとしたら仕事の関係上どうしてもというときくらいにしておきましょう。

話す機会があっても雑談なんかはせずに淡々と要件だけで済ませるようにしてください。

絶対に褒めない

意識高い系は人から褒めてもらうのが大好きです。

まあ普通の人も褒めてもらえるのは嬉しいかと思いますが、意識高い系のそれは異常なんです。

 

なので絶対に意識高い系を褒めるようなことはしないでおきましょう。

一度褒めてしまったら天狗になってしまいどんどん暴走していってしまいます。

まとめ

意識高い系は自分の考えを他人に強要してきます。

まるで自分の考えの全てが正しいかのようにです。

そんな意識高い系はウザイとしか言いようがないので、もしも周囲に意識高い系だと思われる人がいたらなるべく避けた方が良いでしょう。

 

雑記カテゴリの最新記事