社畜自慢はうざいだけだからやめた方が良い

社畜自慢はうざいだけだからやめた方が良い

こんにちは、IKEです!

社会人になって友達と集まってしまうとついついやってしまうのが社畜自慢です。

「先月40時間も残業してさぁ」

とか

「え?俺なんて50時間だよ?」

みたいな感じで自分の方が苦労してるアピールをしてしまいがちになるんですよね。

 

僕も以前はこの社畜自慢をしていたんですが、これ程うざいこともないなと最近気づきました。

それではこれから何故社畜自慢が虚しいかをお話していきたいと思います。

 

社畜だからなに?

うざいと思う要因はまずこれですね。

社畜だから何なのでしょうか?

社畜なんて別に大変なだけで偉くも何とも無いんですよね。

 

そして社畜だとどうなるのでしょうか。

せいぜい「うわー大変だね!」なんて言われるだけですよね。

こんなこと言われるだけのことが本当に嬉しいでしょうか?

 

聞いてる方が退屈

それと社畜自慢は相手に迷惑がかかります。

社畜自慢をしている方は自分の社畜武勇伝を話していて満足かもしれませんが、聞いてる方はそんなことありません。

 

社畜自慢を聞いてる人は「大変だねー」みたいなことを建前で言います。

ですが内心は「ふーん」って感じです。

 

だって普通に考えてどうでも良くないですか?

誰が社畜だろうが自分には関係無いんですからね。

 

自分が如何に不幸かなんて興味無い話を延々とドヤ顔で喋っている姿はとても醜いです。

そんな自慢話なんて誰も得しないことをご理解いただきたいと思います。

 

逆に考えてみるとわかりやすいですけど、友達が合うといつも社畜自慢をしてきてどう思いますか?

くっそつまんないですよね。

社畜自慢なんていうのは聞いている側は退屈でかないんです。

 

張り合ってはいけない

社畜自慢をしてしまう原因として張り合ってしまうことがあります。

例えば自分は50時間残業しているのに、友達は30時間の残業でつらいと言っているのを見るとします。

 

そうすると

「俺より残業してないのに何言ってやがる」

と思って張り合って社畜自慢をしてしまうのです。

 

これは僕自身がそうだったのでわかるのですが、ついつい言ってしまうんですよね。

しかし、こんなこと言うのはお門違いだと気付きました。

 

その例にあげた30時間の残業がつらいと言った人はある種慰めて欲しいからそういった発言をしました。

そこで自分の方が辛いんだぞと不幸自慢し始めてどうするんでしょうか?

 

どっちがつらいなんて話はしていないんです。

そこで張り合うのはお互いただストレスが溜まるだけだと思いませんか?

 

社畜自慢はうざいからやめた方が良い

結局社畜自慢なんてしても聞いてる方からしたらうざいだけなんですよ。

聞いてる方からしたら面白くもないですし、楽しくもないですよね。

 

喋っている本人は普段の社畜っぷりをさも武勇伝のように喋れて気分が良いかもしれません。

でも相手の気持ちを考えてあげましょう。

いつの間にか社畜自慢をする人にうざい奴というレッテルが貼られてしまいます。

 

そうならないためにも社畜自慢はやめておいた方が良いんです。

 

社畜を辞める

社畜自慢をしていて本当に楽しいですか?

「めちゃくちゃ楽しい!社畜自慢こそ生きがいだ!」

なんて思うなら別に僕は止めません好きにしたら良いと思います。

 

でも社畜自慢する人って本当は社畜でいるのが嫌なはずですよね。

そのストレスからも社畜自慢をしてしまうものだと思います。

 

なので社畜を辞めてしまいましょう。

転職してもっと良い会社に行くべきなんです。

社畜をして苦しんで、たまにあるプライベートで社畜自慢をする生活なんてやめれるようにがんばってみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

社畜自慢することによって得られるものはありません。

自分が一番社畜だと自慢してその場で満足するかもしれませんが、よくよく考えて見るとただのかまってちゃんです。

社畜自慢が如何に虚しいか理解してもっと有意義な時間を過ごせるようにしましょう。

仕事カテゴリの最新記事